低リスクなので多くの人が挑戦中|ワンルームマンション投資が熱い

留守宅の賃貸とは

男の人

転勤などで長期的に空ける留守宅を貸し出すことをリロケーションと呼び、近年では仲介会社も登場して活発に行われています。また、リロケーションでは留守宅が居住目的以外にも使われることがあり、用途の希望や物件の保証について仲介会社や借り手としっかり合意することに注意するといいでしょう。

面倒なことは一切ない投資

マンション

人気の投資

年金問題や長年続く不況などで将来に不安を感じる人が増えていると言われており、将来のために投資を行う人が増えてきています。一口に投資とは言っても株式投資や投資信託、不動産投資、FX、債権、先物、金、プラチナなど国内外を合わせて様々な投資があります。そんな様々ある投資の中でも近年注目を集めているのが不動産投資になり、特に近年人気の不動産投資は、土地を保有していなくても行えるワンルームマンション投資と言われるタイプです。ワンルームマンション投資は、少ない自己資金で始められること、他の投資に比べてリスクが少ないこと、税金対策になることなどが人気となってサラリーマンやOLなどを中心に行う人が増えています。低リスクなので多くの人が挑戦中だと言えるでしょう。

管理会社にお任せ

ワンルームマンション投資について事前に情報を集めておくことが大切です。まずワンルームマンション投資を行うために投資用のワンルームマンションを購入します。殆どの場合、購入する際には銀行などのローンを利用することになります。銀行のローンを利用するということに不安があるという人もいますが、月々のローンの返済は賃料から支払う形になりますので、自分の財布から出費することがないので、負担になることはまずありません。そしてワンルームマンション投資の中で重要となるのが管理を委託する管理会社です。管理会社が入居者の募集や部屋の管理やメンテナンスなど面倒なことを行ってくれるので、ワンルームマンション投資では月々支払われる賃料を確認するだけになります。

不動産投資の判断基準

模型と印鑑

家賃相場を調べるときに多くの人に利用されているのが賃貸情報サイトです。そして、手軽に誰でも利用できるため人気があり、家賃相場には算出方法の違いから賃料の平均値と、坪単価の平均値を利用する2種類があるため、情報を集めておくといいでしょう。

賃貸経営の手間を省ける

貯金箱とメンズ

より柔軟な賃貸経営のためには、サブリース契約時に必要な特約も同時に交わす工夫も有効といえるでしょう。例えば、賃料減額を数年据え置くといった特約であり、知っておきたい知識には、物件の保守管理があります。