低リスクなので多くの人が挑戦中|ワンルームマンション投資が熱い

不動産投資の判断基準

模型と印鑑

賃貸情報サイトが人気

特定のエリアの家賃相場を知りたい場合、わざわざ家賃を1軒ごとに調べなくても、相場を調べる方法があります。それが賃貸情報サイトを利用した家賃の調べ方で、誰でも利用できるため人気を集めています。賃貸情報サイトで家賃を調べる人が多い理由は、その手軽さにあります。特定のエリアの賃料を調べたいときは、検索機能を使って特定のエリアの物件だけに絞り込んでから賃料の平均を求められます。また最近の賃貸情報サイトの中には、家賃相場を調べる機能が最初から組み込まれている所もあります。家賃相場は借りる側はもちろん、貸す側の賃貸人や収益物件を探している人にも重要な情報です。賃料設定の参考にしたり、収益性の高い物件を購入する基準となるためです。

2種類の相場データ

一般的によく使われている不動産の家賃相場は大きく分けて2種類あるので、両方の相場データに関して情報を集めておくのが、賢い相場の見方です。1つが坪単価の平均データを元に家賃相場を算出する方法です。坪単価は一坪あたりの賃料になり、不動産の一坪は約3.3平米に相当します。仮に40平米の賃貸物件があった場合、その家賃が10万円としたら坪単価は4,000円です。このように物件1つごとの坪単価を算出して、その単価を特定のエリアごとにまとめて平均化したものが、坪単価の平均データに基づく家賃相場です。家賃相場を算出する場合のもう1つの方法は、単純に物件の家賃を基準に算出する方法です。特定エリアごとに集めた賃料から平均を導き、それを家賃相場としています。