低リスクなので多くの人が挑戦中|ワンルームマンション投資が熱い

賃貸経営の手間を省ける

貯金箱とメンズ

特約を付けることが可能

管理会社とサブリース契約を交わすときには特約を付けることも、場合によっては可能です。より柔軟な賃貸経営や、リスクに対する備えを実現したいときに、特約を結ぶ工夫を検討するのも賢い手段です。一例を挙げるとサブリースでは、契約期間中に賃料の減額を行うことがよくあります。賃料の減額は入居者を増やすためのテクニックの1つですが、大家側がどうしても賃料は下げたくないという場合、特約で賃料を一定期間維持するといった取り決めもできます。賃貸経営の手間を極力省きたい、あるいは別の事業や仕事で忙しいといった場合は、集金管理も委託できる管理会社を見つけるのも良い工夫です。集金管理は入居者からの賃料の集金や、銀行への入金処理などの出納業務を請け負ってくれます。

物件の保守管理

一口にサブリースといっても、その内容は扱う管理会社ごとに異なってきます。中でも物件の保守管理については、サブリース契約とセットになっていることも多く、その場合は同時に契約が必要となります。サブリースで失敗しないためにも、物件の保守管理の扱いがどうなっているか情報を集めておくことが重要です。保守管理は建物全般のメンテナンスや日常的な清掃業務、設備の定期的な点検や故障時の交換などを含めます。これらの管理業務をサブリース会社に任せたい場合は、保守管理がセットになっていたり、別途契約ができるサブリースが最適です。一方、サブリース契約のみ行い、物件の保守管理は大家が行う場合は管理の手間が掛かりますが、管理委託料が不要となるため収益は高くなります。