低リスクなので多くの人が挑戦中|ワンルームマンション投資が熱い

留守宅の賃貸とは

男の人

留守宅が人気の理由

近年、転勤などで長期的に留守となる物件を賃貸物件として貸し出すリロケーションが人気を集めています。リロケーション自体は長く行われてきた賃貸の契約方法ですが、1990年代から制度が整い、今ではリロケーション専門の不動産会社も登場しています。リロケーションでは、しばらく留守宅となる物件を期限付きで貸し出すことができ、家主にとっては収入源の一つとなるため人気です。貸し出すことで清潔も保たれるため、期限後に自分自身で住む際にも清掃などがスムーズに進みます。借り手にも人気な理由として、期限満了時には退居が必要なものの、その間の定期的な契約更新料が不要ということが挙げられます。以上のように、貸し手にも借り手にも経済的メリットが大きいことがリロケーションが人気の秘密です。

留守宅貸出の注意点

リロケーションによって貸し出す留守宅は、近年ではその用途が様々になっている点に注意が必要です。海外赴任が頻繁に行われている今日では、長期的に留守宅を貸し出すこともよくあり、居住だけでなくオフィスや倉庫として利用されることもあります。居住目的に比べ、オフィスの場合は改修や改築が施されることもありますし、倉庫の場合は傷がつくなどのリスクもあります。リロケーションは最近では仲介会社を使うことが多いため、どのような用途なら貸し出していいか、傷などで留守宅の改変が起こった場合の対処はどうなるかを相談しましょう。貸し出しに際しての希望や絶対に避けてほしい用途は、後のトラブルを招かないためにもしっかり仲介会社や借り手に伝えましょう。